主イエスの弟子で最も有名なペテロは、逆さ十字にかけられてローマで殺されました。その際のエピソードに次のようなものがあります。ペテロの元へ、ローマの長官がペテロを殺そうとしているという情報が入りました。信仰の兄弟たちがペテロを生かすため、他の地区へ行って死を免れるようにペテロを説得しました。そしてペテロがこっそりとローマを出ようとした時に、主イエスがあちらの方からローマの町に入ってこられました。それを見たペテロが「クォ・ヴァディス?(どこへ行かれるのですか?)」と尋ねました。主イエスは「私は十字架にかけられるため、ローマに入っていく」と答えられ、ペテロは驚いて問い正しました。「主よ、もう一度十字架につけられるのですか?」「そうだ、ペテロよ、私はもう一度十字架につけられる」と答えられ、主は天に昇って行かれました。そこでペテロがはっと我に返って、自分がローマに残るべきか、出るべきかという大事な選択について、主に祈りで尋ねなかったことに気づきました。そして今、本来自分がローマで十字架にかかるべきところを、他の地区へ逃げ出したら、主イエスを再び十字架にかけることになってしまう、と悟り、自分が十字架にかかることを決意します。そして自らの希望で、主イエスとは逆さの十字架にかかったのです。

続きを読む