sky

古来より、人間は様々な方法で占いを行ってきました。様々な占いの種類がありますが、今回はこの占いの起源をたどります。

占いの起源

『エノク書』第6~9章に重要な記載があります。
ヘルモン山に200人の天使たちが集まった。彼らのリーダーはシェムハザで、そのほかアラキバ、ラメエルなど20名が天使たちの長であった。彼らは互いに誓いをたて、人間の娘たちを妻にめとった。各々ひとりずつ女を選びこれと関係をもち、交わりはじめた。

また女たちに医療、呪いを教え、薬草の根や灌木の断ち方を教え込んだ。アザゼルは剣、小刀、楯、胸当ての造り方を人間に教え、金属とその製品、腕輪、飾り、化粧品の塗り方、眉毛の手入れの仕方、各種の石のなかでも大柄の選りすぐったもの、ありとあらゆる染料を見せた。その後はなはだしい不敬虔なことが行われ、人々は姦淫を行い、道をふみはずし、その行状はすっかり腐敗してしまった。バラクエルは占星術を、コカビエルは天体の兆を、タミエルは星の観察の仕方を教え、サハリエルは月の運行を教えた。

地上で不法を教え、天上に行われる永遠の秘密をあかした。そして魔術を暴露した。こうして全地は流血と暴虐に満ちあふれた。

神に仕えていた天使たちが、人間の女を誘惑して堕落し、天から追放されて堕天使となりました。堕落した天使は人間に様々な知識を教え、その結果、地が暴虐に満ちあふれた、とあります。

武器の造り方

堕天使たちは、戦いの武具の造り方を人間に教え、戦争によって多くの血が流されるようになりました。

創世記4章22節
トバルカインは青銅や鉄のすべての刃物を鍛える者となった。

この創世記に登場する「トバルカイン」は、フリーメイソンの合言葉で重視されている名前です。青銅や鉄の武器の造り方は堕天使から教えられたようです。

最初の鉄製武器の使用 ヒッタイト

現代を支配するハザールマフィアのルーツがヒッタイトにあると言われています。紀元前15世紀頃、メソポタミアに突然現れたヒッタイトは、鉄器を使用して、圧倒的な軍事力で勢力を拡大しました。この鉄の武器のルーツはどこからインスピレーションを受けたかと言えば、堕天使によってもたらされたものだったのです。

医療や装身具

今非常に問題になっている医療も堕天使から始まっていますし、宝石類はロスチャイルドのグループがおさえています。女性の関心は化粧や装飾品で身を飾ることばかり気を遣うようになり、人間は道をふみはずしていきました。

占星術

そして星を見て占う占星術も堕天使からもたらされました。

今日の占星術のもとは、チグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミア南部にその起源があると考えられています。その後バビロニアの占星術をベースとして、本格的なギリシャの占星術へと伝わっていきました。

占いにすがる心

人は未来を知りたくて右往左往する時、精神的に追い詰められて弱くなる時、外からの助言に頼りたくなります。

そこに答えを与える安心材料が占いです。道がわからなくなって彷徨う時に、占いに頼りたくなる心は人間の弱さからきています。

占いによって操られる

人はだれにも言っていないはずのことを言い当てられると、その占い師は自分の未来のことをなんでも知っているのではないかと思い込みます。そうして心を明け渡すと、その人は占い師の思うがままに操られてしまいます。

占いは統計的な確率で行う人もいますし、悪霊にたずねて占う人もいます。

悪霊を使った占い

元悪魔崇拝者だったジョン・ラミレスは、タロット占いをしながら人々を悪魔に服従させていました。その方法を次のように証言しています。

あなたが未来を見てほしいと占い師の元にいくとします。占い師は悪霊にその人のことを尋ねます。悪霊はその人の過去や現在を知っています。しかし占い師は相手の未来のことは知りません。

私のやり方はこうでした。タロットカードを過去、現在、未来と3つの山に分けます。まずあなたの過去を言い当てます。たとえば家庭内暴力がひどくて虐待された過去や、2回子供を降ろしているといった、だれにも言わないようなことを言います。 地上の悪霊はあなたの過去を知っているので、悪霊に聞くとわかるのです。

そして結婚が駄目になるとか、子供が死ぬとか、子どもがドラッグにはまるとか、失業するとか言います。自分にはそんなことはないと言っても、その悪霊はあなたの家についていきます。そしてタロットカード占い通りに悪霊が物事を引き起こすのです。そうすると、占いはあたった、あの占い師は将来のことが読める、と思うようになります。

「しるしの科学すなわち精神の医学」1795年 ドドゥセは著述の中でこのように述べています。

とりわけ、カード占い師は決して霊感や妖術によって占いを行っていると信じ込ませてはならない。占いは学習と知性によって習得した科学によってのみなされるものである。

このように悪霊を呼び出して占いを行う人々にとっては、悪霊によって相手のことを知ることができるので、占いの形はどれであってもよいということです。相手が信憑性を持つような図やカードなどを用意して、そこから導き出されたと信じこませればよいのです。

身近に存在する占い

今や占いはテレビ、新聞、雑誌、ネットなど、あらゆる分野に進出していて身近に存在しています。この占いの起源は堕天使です。軽く生年月日や姓名を言って、言い当てられることに重きを置かないように注意しなければなりません。人間が弱くなった時にすがるのが占い師なのか、護符なのか、人なのか、神なのか、どこに従うのかでその人の人生が決まります。自分の主人がだれなのか、弱くなった時にこそ明らかになります。